お寺

2022年10月 6日 (木)

夏の常寂光寺

Jyou001p
正面の山門

 

 

Jyou002_20221006203301
苔に覆われた石段。

 

 

Jyou004_20221006203301
途中の鐘。

 

 

 

Jyou003_20221006203301

 

 

 

Jyou005
斜面に一面の苔。

 

 

Jyou007
上の方に竹林があります。

 

 

 

Jyou006
この寺の飼い猫と思われます。手水の水を飲んでいました。

 


暑い時期、嵯峨野にある常寂光寺を訪ねました。
ここも苔が有名だと聞き訪れましたが、
境内が広いためこまめに手入れはされていないようでした。

ヒノキゴケも植えてありましたが、ほとんど枯れていました。
スギゴケもそれほど多くはありませんでした。

山に沿って建てられていて、石段とか斜面の苔に覆われた景観は良かったです。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

2022年9月18日 (日)

京都苔寺 西芳寺の秋景色

Kokedera01

 

 

Kokedera02

 

 

Kokedera03

 

 

Kokedera04

 

 

Kokedera05

 

 

Kokedera06

 

 

Kokedera07

 

 

Kokedera08

 

 

Kokedera09

 

 

Kokedera10

 

 

Kokedera11

 

 

Kokedera12

 

 

Kokedera13

 

 

Kokedera14

 

 

Kokedera15

 

昔の写真を整理していたら「京都 西芳寺の秋景色」の写真が出てきたので、
編集後、アップしました。2009年の作品です。
もうあれから13年も経ってしまいました。私の感性も少し変わったのを感じます。
当時の記事もそのまま転載しました。


カメラはSONYのα700。


京都 西芳寺は、世界遺産に登録されています。
拝観するには往復葉書による手続きが必要で拝観料は3000円です。

 

見学時間は約90分。
まず般若心経を唱えて貰い、写経します。
般若心経は、何度か写経したことがありますが20分くらいかかりました。
筆を持ち慣れていない人は、もっとかかったようです。

 

住職さんが途中で止めてもいいとおっしゃっていましたが、日本人ならそう簡単に途中で止められません。
皆さん、最後まで写しておられました。

 

それからやっと庭に出ることが出来ます。
でも考えてみれば、200名位の人が一度にあの庭に出たら混雑してしまいます。

 

広い庭ですが、通り道の石畳は1m位しか幅がありません。
それぞれの速度で写経した人が、良い間隔で見学できたようです。

 

この庭は禅僧の夢想疎石という人が造園されました。
禅僧が造った庭らしく、とらえどころのない庭で、何処をどう撮って良いのか難しかったです。
樹の配置も絶妙で、苔も素晴らしく、大変奥深い庭でした。
帰る頃には、雨が降り出しいっそう奥深さを増したように感じました。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

2022年9月14日 (水)

建仁寺 潮音庭

Kennin001_20220914195201
後ろからの眺め。

 

 

Kennin002_20220914195201
横からの眺め。どの角度から見ても完成されています。

 

 

Kennin003_20220914195201
正面からの眺め。

 

最近、苔に興味があってあちこちのお寺の庭を回っています。
先日は建仁寺の潮音庭を訪ねました。

このお寺は坐禅会にも通っていたことがあり、庭は見慣れていますが、
苔を特に意識して見たことは無かったです。

改めて見てみるとハイゴケとスギゴケが主であることがわかりました。
どこのお寺もスギゴケがメインです。

写真も意識して苔の部分を強調して撮ってみました。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

2022年9月 1日 (木)

東寺 百日紅が咲く頃

Touji001

 

 

 

Touji002

 

 

 

Touji003

 

京都にある東寺を訪ねました。
桜でもない、紅葉でもない、蓮でもないこの頃、百日紅が咲いています。

夏に咲く数少ない花ですが、よくお寺で見かけます。

東寺の庭にも、数本咲いていて黒い塔に鮮やかなピンクがさえていました。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月22日 (月)

真夏の三千院

San01
小さな石仏ですが癒やされます。

 

 

 

San02
宸殿からの眺め。

 

 

San03_20220822142301
涼しげです。

 

 

 

San04_20220822142301

 

 

 

San05
スギゴケ。

 

 

 

San06
ヒノキゴケ。別名 イタチノシッポとシノブゴケ。

 

 

 

San08

 

 

 

San09
区分けされているのがわかります。

 

 

 

San010

 

三千院を訪ねました。
この時期、すごく暑いですが苔の緑に癒やされます。

前回、祇王寺の苔庭を紹介しましたが、三千院の苔庭は広大です。
庭は往生極楽院を中心に4面に分かれていてそれぞれの区域にシノブゴケ、
スギゴケ、ヒノキゴケ、ホソバオキナゴケが植えられていています。
良くこれだけの苔が枯れずに生えているとは驚きです。
それに落葉がほとんど無い。毎日手入れされているのでしょうね。

お寺の庭の奥深さは、苔にあると言っても過言ではありません。
三千院、祇王寺、西芳寺。それぞれ奥深いです。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

2022年8月12日 (金)

京都祇王寺の苔庭

Giou001

 

 

 

Giou002
ヒノキゴケ。一番好きな苔です。

 

 

Giou003
根元はスギゴケ。

 

 

Giou004
ヒノキゴケが波打って生えています。

 

 

Giou005
ここら辺はすべてヒノキゴケ。

 

 

Giou006
こんもり盛り上がったスギゴケ。平面はシノブゴケ?

 

 

Giou007
水の音が静寂を引き立てるようです。

 

Giou008
夕刻の明かりが懐かしい。

 

 

最近苔に魅せられて、家の小さな庭にスギゴケ、ヒノキゴケ、ハイゴケ、シノブゴケなどを植え付けています。

そんなわけで、京都のお寺に行っても苔に目が行き大体の苔の品種がわかるようになりました。
京都では西芳寺、三千院、そして祇王寺が印象に残っています。

今まで何回も訪ねたお寺ですが、苔の種類などは全くわかりませんでしたが、
最近改めて苔を中心に拝観して、見事に育てられた苔に感心しています。


そんな近況で、祇王寺を訪ねてみました。
まず入場するとシノブゴケが綺麗に生えています。
本当に美しい緑です。

そして庭園は初めはシノブゴケ。
進むにつれてスギゴケ、ヒノキゴケが展開します。

ヒノキゴケは、育てるのが難しいのか、街中のお寺ではほとんど見かけません。
それが、生き生きと生えている。感動です。

そしてスギゴケ。
この苔は唯一、根から水分を吸い上げる品種で10cm位盛り上がっている。

盛り上がった土に生えているかと思いきや平らな平面にもこっと生えている。
触るとふかふかです。
庭全体は環境が良いのか、手入れが良いのか、落葉もほとんど落ちてません。

今まで、木や建物をメインに写真を撮ってきましたが、今回は苔中心に写真を撮ってみました。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年8月 8日 (月)

真夏の京都圓光寺

Enkou01

 

 

 

Enkou03

 

 

 

Enkou04

 

 

 

Enkou05

 

 

 

Enkou02

 

 

 

Enkou06

真夏の京都圓光寺です。

ちょうど百日紅が咲く頃なで出かけました。

庭は緑が濃くなり深い森林の雰囲気です。

苔が蒸してきて見頃です。

何より静かなのが良かったです。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

2022年7月26日 (火)

廬山寺の桔梗

Rozan01

 

 

 

Rozan02

 

 

 

Rozan03

 

 

 

Rozan04

 

 

 

Rozan05

 

 

 

Rozan006

 

京都廬山寺は京都の中心街より少し北に行ったところにあります。
主要道路より離れているので、結構静かです。

その静かな境内にこの時期桔梗が咲きます。
よく手入れされているためか、すごく上品な雰囲気です。

境内にすわり、少しこの光景を眺めていると心が落ち着きます。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

2022年6月15日 (水)

西芳寺の苔庭

Saihou001
両側はスギゴケ。

 

 

 

Saihou004
全面おそばオキナゴケ

 

 

 

Saihou003

 

 

 

Saihou006

 

 

 

Saihou002

 

 

 

Saihou007

 

 

 

Saihou005

 

京都西芳寺は苔寺として有名ですが、
入山料が3000円と高額なため頻繁には行けませんでした。

初めて行ったのが2008年、次が2009年です。
当時の印象はすごく手入れされたお庭という印象です。
広い庭ですが、ほとんど落葉が落ちていませんでした。
全面グリーンの絨毯といったところでしょうか。

あれから14年。私も苔に詳しくなり庭園の苔もある程度わかるようになりました。
まずはスギゴケ。この苔はどこのお寺にも見られます。
次にホソバオキナゴケ、シノブゴケ、ハイゴケ、ヒノキゴケなどが主でした。

特にヒノキゴケはあまり見かけませんが、すごくたくさんありました。
日本庭園の好きな人は一度は行っておきたいお寺だと思います。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

2022年5月27日 (金)

新緑の東福寺

Toufuku005

 

 

 

Toufuku004

 

 

 

Toufuku006

 

 

前回東福寺の園内を見学した後タイムアウトとなり周辺を観てみました。
有名なのは東福寺臥雲橋です。ここは一般の人も通る生活道路のようです。

ここからの通天橋も趣があります。
鬼瓦にかかる深緑が綺麗でした。

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧