趣味

2022年1月17日 (月)

苔テラニウムを作ってみました。

Koke01

小さなお地蔵様を配してみました。周りはスギゴケ。

 

 

Koke03

スギゴケの中にあるのはカサゴケ。乾燥にすごく弱いです。2時間ほど外におくと干からびたようになりました。

 

 

Koke02

カサゴケは苔の中では大きな部類に入ります。

 

 

Koke04

できあがった全体像。

 

 

Koke05

夏の祇王寺の苔の庭。

 

 

Koke06

祇王寺のスギゴケ。

 

 

Koke07

祇王寺のヒノキゴケ。

 

 

Koke08
圓光寺のスギゴケ。紅葉とお地蔵様が雅な雰囲気です。

 

 

Koke09
祇王寺の落葉とヒノキゴケ。

 

 

京都のお寺によく行きますが、そこでよく目にするのは庭園の苔です。
今まであまり気にしてなかったのですが、
秋に行った祇王寺の苔があまりに綺麗だったので、
この美しさをいつでも見ていたいと思い、いろいろ調べていて苔テラニウムを作ってみることにしました。

苔は園芸店とヤフオクで、容器と土(ソイル)はamazonで購入しました。
石などは杜若園芸という店で入手し、2時間ぐらいで作ってみました。

容器に入れるのは、乾燥すると苔に良くないそうで、ほとんど密閉したまに霧吹きをします。

作った後ながめると、なかなか良い雰囲気で小さな庭園ができました。

 

ちなみに今まで行ったお寺で印象深い苔の庭は、祇王寺、三千院、西芳寺といったところでしょうか。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村

 

 


近畿地方旅行ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年6月27日 (火)

風蘭 & MINOLTA AF100F2.8

Fuurann01_5

  風蘭が咲き出した。正式には富貴蘭という。もう15年くらい栽培している。日本の着生蘭で香りがすごくいい。玄関に置いているが2階まで匂ってくる。普段あまり気にかけないが、毎年この匂いをかぐと、その存在感を自らアピールしているように感じる。
どこかで見かけたら、かいでみることをお勧めする。すごく日本的な匂いである。

Fuurann02 Fuurann03

 撮影レンズはミノルタAFマクロ100mmF2.8。
このレンズはお気に入りのレンズで、背景のボケ具合が綺麗で、主役をうまく引き立ててくれる。