« 睡蓮の季節 | トップページ | 光明寺 薬医門 »

2019年6月 5日 (水)

教林坊

Kyou01
書院

 

 

 

 Kyou04
背の高いモミジが多かったです

 

 

 

Kyou05

本堂屋根

 

 

 

 

Kyou07
本堂

 

605年聖徳太子によって創建されました。
庭は小堀遠州作です。

滋賀県の農家の集落奥に古びた入り口があります。
道も狭いので、こんな所に由緒のあるお寺があるとは気づきません。

公開されるのも、ゴールデンウイークと秋だけです。
これだけ苔が密集している庭を1年中公開したら、
この奥深い緑の雰囲気が壊れてしまいそうです。

もっとも、旅行社のツアーでこのお寺を拝観するコースが有りますが。
できるだけこの自然を守ってほしいものです。

 

« 睡蓮の季節 | トップページ | 光明寺 薬医門 »

お寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 睡蓮の季節 | トップページ | 光明寺 薬医門 »